CATEGORY

簿記3級

手形とは?約束手形、支払手形、受取手形、手形の裏書き、割引き、手形売却損、仕訳、処理

手形とは?  商品代金や掛代金の支払いのため、現金や小切手のほかに、「手形」を用いることがある。「手形」とは、ある金額の支払いを支払期日に行うことを約束した証券(紙片のこと)をいう。また、「手形」には2種類あり「約束手形」、「為替手形」の2種類である。 ※簿記三級の試験では「約束手形」についてのみ振られている。  掛けと「手形」は、どちらも商品代金の後払いという意味では同じであるが、支払いにたいし […]

簿記の現金とは?現金過不足、当座預金、当座借越、仕訳、処理方法

簿記の現金及び預金とは?  一般的に「現金(資産)」というと硬貨(500円玉や100円玉)または、(10,000円札や5,000円札)といった通貨を指すが、簿記上では金融機関ですぐに現金に換えられる(換金可能)なもの「通貨代用証券」も現金として処理する。なお、「通貨代用証券」とは次のようなものを指す。 名称 詳細 小切手 他人振出の小切手、送金小切手 郵便為替証書 郵便為替で送金の際に発行される証 […]

仮払金・仮受金とは?資産、負債、勘定科目、仕訳、処理方法

仮払金(資産)とは?  「仮払金(資産)」とは、支払内容や金額がまだ確定していないものを一時的に仕訳する勘定科目である。たとえば、従業員が出張に行く場合、あらかじめ出張にかかる費用の金額を概算額で私ておくことがある。この場合、現金の支出があっても、支払内容や金額がまだ確定していないため一時的に「仮払金(資産)」で仕訳(処理)を行う。 仮受金(負債)とは?  「仮受金(負債)」とは金銭を回収したもの […]

未収入金・未払金とは?、売掛金違い、未払費用違い、買掛金違い、勘定科目、仕訳、処理方法

未収入金・未払金とは?  代金後払いの約束で、商品の売上や仕入を行ったとき、あとで 代金を受け取る権利は「売掛金(資産)」で仕訳(処理)される。また、あとで代金を支払わなければならない義務「買掛金(負債)」で仕訳(処理)を行う。  これに対して、代金後払いの約束で建物や有価証券などの商品以外のものを売買したときには、あとで代金を受け取る権利(債権)は「未収入金(資産)」で仕訳(処理)を行う。また、 […]

貸付金・借入金とは?勘定科目、仕訳、処理方法、利息計算

貸付金とは?  「貸付金(資産)」とは、。企業が資金に余裕がある場合に、取引先などに金銭を貸すことがあり、この貸した金銭を後ほど返してもらうことのできる権利(債権)のことを言う。 借入金とは?  「借入金(負債)」とは、企業が資金に余裕がない場合や、新規事業を始める場合、また飲食店などの新店舗を展開する場合に、銀行や取引先などからお金を借りることがあり、その借りた金銭を返さなければならない義務(債 […]

立替金・預り金とは?資産、負債、仕訳、処理方法

立替金とは?  取引先が負担すべき運賃を代わりに支払ったり、従業員が支払うべき金額を代わりに立て替えた場合、その立て替えた金額はあとで取引先や従業員から受け取ることができる。この場合、あとで取引先や従業員から現金などを受け取る権利(債権)は「立替金(資産)」で仕訳(処理)を行う。  なお、従業員に対する立替金は「従業員立替金(資産)」という勘定科目で仕訳(処理)する場合もある。 預り金とは?  企 […]

前払金・前受金とは?勘定科目、資産、負債、消費税、前渡金、前受収益、仕訳、処理方法

前払金(前渡金)とは?  商品の仕入れに先立ち、商品の注文時に代金の一部を内金や手付金として前払いすることがある。この場合、支払った金額の分だけあとで商品を受け取る権利が発生することになる。この権利は勘定科目を「前払金(資産)」で仕訳(処理)を行う。「前払金(資産)」は商品などが納品されるまでの一時的な勘定科目である。  企業では「前払金(資産)」が発生した場合に、その取引内容を帳簿に記帳しなけれ […]

商品券(他店商品券)とは?、負債、資産、仕訳方法、消費税、プリペイドカード、仕訳、処理方法

商品券とは?  商品券はデパートなどでは、贈答品として販売されている。商品券をプレゼントされた人は、この商品券と交換で、欲しい商品を購入することができるが、デパートなどの商品券を発行している側の視点で見ると、将来的に商品券と交換で商品を引き渡さなければならない義務を負うことになる。この場合の義務は「商品券(負債)」で仕訳(処理)を行う。 他店商品券とは?  通商の商品券は自分の企業(自社)が発行し […]

簿記の構成要素について、勘定科目、資産、負債、純資産(資本)、収益、費用

簿記の構成要素について  簿記では、その取引の内容によって各要素(資産、負債、純資産、収益、費用の5種類)に分けて仕訳(処理)を行うルールがある。これらの5種類の要素が「増えたり、減ったり」を帳簿に記録する。また、後ほど説明する 「勘定科目」はこの「資産」「負債」「純資産(資本)」「収益」「費用」のいずれかに分類される。 簿記の勘定科目とは?  企業が行った日々の取引は、仕訳という簿記独特の方法に […]

簿記とは?目的、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)

簿記とは?  会社やお店(企業)では、商品の販売や従業員への給与の支払い、その他にも水道光熱費や旅費交通費といった様々な活動によって費用が発生する。このような企業の活動を帳簿に記録し、報告する手段を簿記という。 ※「帳簿に記録する」から「簿記」という用語ができたといわれている。 簿記の目的とは?  企業はその活動を「簿記」によって帳簿に記録しますが、その記録した内容は最終的に二つの書類(財務諸表) […]