棚卸資産の勘定科目について

棚卸資産とは

 販売を目的として購入した資産で決算日や月末に売れ残った資産である。業種業態で勘定科目は様々あるが、販売業では「商品」が一般的であり、製造業では「原材料」「仕掛品」「製品」と三つある。建設業では「仕掛工事(原価)」、不動産業では「棚卸不動産」などがある。これらは、「貸借対照表B/S」の勘定科目である。

棚卸資産と損益科目について

 損益計算書にも棚卸資産は登場する。販売業を例として挙げると、「期首商品棚卸」と「期末商品棚卸」である。

期首商品棚卸 + 商品仕入 ー 期末商品棚卸 =売上原価

 製造業・不動産業も基本的には同じ考え方だが、建設業をこれらとは異なる考え方をする。そもそも、建築業は売上の計上の仕方で損益の計算の仕方が、工事進行基準と工事完成基準の二通りある。

 工事進行基準では、工事の進捗に合わせて売上を計上するので「仕掛工事」という科目がない。

 工事完成基準では、工事が完成するまではかかった費用はすべて「仕掛工事」として処理され、菅瀬下工事分だけが「完成工事原価」として損益科目に振り替えられる。

在庫処分の正しい処理(仕訳)

 経理業務の本来の目的は現場にいない人に現場での在庫処分があったことを正確に伝えることである。現場で在庫処分があったこと正確に伝えるためには、以下の処理(仕訳)が必要である。

例:決算時に在庫を棚卸する。10,000円分の棚卸があったが、そのうち1,500円分を廃棄処分した場合

商品 10,000円 期末商品棚卸 10,000円
棚卸廃棄損 1,500円 商品 1,500円

 廃棄処分した1,500円分は無いから在庫は8,500円分だけでよいと思いがちですが、以下の処理だと在庫処分したかどうか上記の処理を行わなければわからない。

商品 8,500円 期末商品棚卸 8,500円

これでも、損益の結果は同じである。