MONTH

2021年7月

税効果会計とは、一時差異、法定実効税率、貸倒引当金、損金算入限度超過額、法人税調整額、減価償却、有価証券評価差額金

税効果会計とは?   税効果会計は、企業会計上の収益または費用と課税所得計算上の益金または損金の認識辞典の相違などにより、企業会計上の資産または負債の額と課税所得計算上の資産または負債の額に相違がある場合に、法人税などの額を適切に期間配分することにより、法人税などを控除する前の当期純利益と法人税等を合理的に対応させることを目的とすることにより、法人税等を合理的に対応させることを目的とする手続きをい […]

簿記2級(商業) 税金(法人税等・消費税・圧縮記帳)、課税所得、損金益金算入不算入、税抜・税込方式など

法人税等とは?  株式会社などの法人は個人と同様、さまざまな税金を納める。法人が納める税金のうち、法人の利益に対して課せられる税金に、「法人税」「住民税」「事業税」がある。そしてこれらをまとめて「法人税等」という。 法人税等の仕訳(処理方法)について  会社が「法人税」や「住民税」、「事業税」を納付したときは、「法人税、住民税及び事業税(費用)」で仕訳(処理)を行う。そして、「法人税等」は決戦にお […]

外貨建取引とは?営業取引、直物為替相場、先物為替相場、決算、決算取引の処理、二取引基準、為替予約の処理、外貨建金銭債権債務等の換算

外貨建ての営業取引 外貨建取引の意義と換算について  売買価額その他取引価額が外国の通貨で表示される取引を「外貨建取引」という。企業が、海外の企業と取引を行ったり、海外に支店や子会社を設けていれば、日本円による取引や財務諸表の表示項目と、外貨で表示された取引や財務諸表の表示項目とが混在することになる。しかし、取引や表示項目と合算する必要がある。異なる尺度で表示された項目を財務諸表にまとめることはで […]

リース取引とは?、ファイナンスリース取引、オペレーティングリース取引、利子込み法、利子抜き法

リース取引の意義とは?  リース取引とは、パソコンやファックスなど、事業を行うのに必要な固定資産(リース物件)をあらかじめきめられた期間(リース期間)にわたって借りる契約を結び、借手(レッシ―)が貸手(レッサー)に使用料を支払う取引をいう。 リース取引には2種類がある  リース取引は、法的には賃貸借取引である。ただし、リース契約によっては、実質的にその物件を販売したのと同様の経済的実体をもつリース […]